なぜ月次決算?

新規のお客様から「なぜ月次決算をしないといけないの?」というご質問を頂きます。
同様の疑問をお持ちの方もいると思いますので、当事務所の考え方をお話しします。
(随時追加・更新をしていきます)

メリットその1 予実管理

月次決算をきちんと行うことで予実管理つまり予算と実績の差異をきちんと管理できます。予算を立てることの重要性についてはまた改めてお話ししますが、中小企業であっても事業計画は必要です。
当初に立てた予算と実績を比較することで次の打ち手を考えます。「なぜ違ってしまったのか?」「その原因についてどのように対処するか?」
月次決算を行っていないとこの対応が遅くなってしまいます。そのため、当事務所では利益計画策定を行い、実績を月次決算で把握することを基本業務と考えています。

メリットその2 金融機関からの信頼

もしあなたが企業にお金を貸す側の立場であると考えてみてください。
試算表を出してほしいとお願いしたときに「作ってない」「会計事務所に作ってもらうから3日待ってほしい」という会社と「月次決算をしているので今からFAX出来ます」という会社のどちらを信頼しますか?
毎月の積み重ねが信頼の積み重ねにつながります。

経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
蜂谷祐一郎税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

東京税理士会所属

お気軽にお問合せください。
蜂谷祐一郎税理士事務所
TEL:03-6905-7988

フリーダイヤル 0120-430-241         (予算は強い!)

y-hachiya@tkcnf.or.jp